NEWS

Interview

影追い先生インタビュー『「不倫被害者の会」~サレた復讐、代行します。』

パートナーの不倫によって負った心の傷を告白し、
共有することで救いを求めるセミナー「不倫被害者の会」。
『「不倫被害者の会」~サレた復讐、代行します。』は、
一見なんの変哲もないこの集会で、主催者の葵が不倫被害者の復讐を代行する作品です。

数多の不倫加害者に正義の鉄槌を食らわす痛快なストーリーを描く影追い先生に、
作品や先生自身についてインタビューしました!

――今回のインタビュアーは担当編集のKです。
まずは、影追い先生が漫画家になったきっかけをお聞かせいただけますか?
高校卒業してすぐぐらいから、同人誌の制作を始めました。
同人活動を続ける中で、ある会社の担当の方からご連絡いただいて商業誌のほうに移った形です。
その商業誌で描いていたのは電子コミックですね。
――その後、縁があって弊社でも執筆いただけるようになったという流れですね。
同人制作をされる前にも創作活動はされていたんですか?
絵を描きはじめたのは、漫画を描こうかなって思う前なので、中学生ぐらいですかね。
当時『ファイナルファンタジー』というゲームがお気に入りだったのですが、その影響です。
ファイナルファンタジーの攻略本って攻略情報だけじゃなくてキャラクターやその背景の設定も載っていて、
それにすごく惹かれたことがきっかけになりました。
――繊細なあの絵が影追い先生のルーツとなっているんですね。
続いて、実際のご執筆のお話に移っていければと思います。
影追い先生は、もともとメンズ作品を執筆されていましたが、
今回、青年作品を執筆することになりましたよね。
実際にご執筆されて、良かった点や苦労されている点などありますか?
良かった点は、キャラクター同士のコミュニケーションとか表情に
一層こだわるようになったことですね。
これまでは比較的エロが多い作風というかジャンルで描いていたので、
エロじゃない部分でも魅せるっていう。
そこはやりがいがあっていいなと思います。
――確かにメンズ作品をご執筆いただいていた時も、
影追いさんが描くキャラの日常の表情はとても魅力的でしたので、
今回はより一層活かせる題材になっているのかなと思います。
そう言っていただけるなら良かったです。
ありがとうございます(笑)。

一方、苦労している点は、ストーリーの流れが繊細で、構成を考えるのが難しいところです。
以前描いていたジャンルではエロの占める割合が多いのでそれを優先した作風になるんですけど、
今回はそうした部分を抑えた内容なので。
エロの範囲が狭くなって、描くべき内容の幅が広くなるので難しいですね(笑)。
――青年漫画はアダルト系の作品より日常的な描写が重要になるので、また違った難しさがありますよね。
その点、本作では試行錯誤して魅力的に表現いただいていると思います!
まだまだ精進が必要なところですので、これからより頑張っていきたいと思います。
――さて、それでは本編の内容について伺わせてください。
今回は「不倫への復讐」というテーマを題材にしていますが、
影追い先生としてはこの題材についてはいかがでしょうか?
「不倫に対する復讐」っていうキャッチーでわかりやすいテーマなので、
個人的にはとっかかりやすく、やりやすいテーマかなって思いますね。
――ありがとうございます。
今回はオムニバス形式の作品なので、
各エピソードのストーリーを検討するのも大変かと思うのですが、
描きやすいテーマのようで良かったです!
エピソードが変わるごとに、キャラクターも新しく作っていかないといけないので、その点は大変ですね(笑)。
――ちょうど話題に上がりましたので、続いてキャラクターについての質問です。
本作は作品の性質上、登場人物も多いですが、お気に入りのキャラを教えてください!
今作の主人公の葵はテーマの都合上ミステリアスなキャラクターになっていて、
描きごたえがあるという意味でお気に入りです。

また、各エピソードに登場する不倫の加害者にあたるキャラクターたちも
自分の中で非常に思い入れがあります。
特に、加害者たちの中でも1番最初に登場した誠は、
キャラクター作りに苦労した分も含めて思い出深いですね。
誠というキャラクターを作り上げていく中で、
「不倫の加害者」っていうものをどういうテイストにしていこうかという部分の根幹が出来上がりました。
――その「根幹」とはどのような内容でしょうか?
「いかに嫌な奴に描くか」を大事にしながらキャラクターを作っています。
誠がその後も描いていく「嫌な奴」のベースになったというイメージですね。
物語を際立たせる役になりますので、どの不倫加害者も、
あとで復讐された時に読者の気が晴れるようなキャラクターになるよう工夫しています。
――復讐をテーマにしているため、
加害者をどれだけ嫌な奴に見せるかについてこだわっているんですね。
ところで、影追い先生のお気に入りのシーンはありますか?
2話で不倫加害者の誠が、制裁として背中にあることをされて、
それを鏡で見て驚くシーンです。
リアルな画角と見栄えのバランスを取る必要があって描くのが難しいシーンでした。
お気に入りのシーンと言うよりは苦労したシーンなんですけど、
そういう意味で思い入れはありますね。
※この後、こだわりのシーンが…。
――あの画はとてもこだわって描いていただきましたね……ありがとうございました!
大変でしたが、気に入っています(笑)。

あとは3話で葵がターゲットの家に訪問して、
その後、隣の家の男性と行為をするっていうシーンがあるんですけど、
それが流れとしては綺麗に描けたかなって。
「こういう絵が描きたい」というものが実現できたので、
個人的には好きなシーンですね。
――確かに、その後の展開の伏線を入れつつ、
自然にエッチなシーンに入っていたので、とても見ごたえがありました。
メンズ作品でのご執筆経験も活きていますね!
経験が活きたようで良かったです。
――ここまでは執筆いただいた内容について伺ってきましたが、
今後描いてみたい内容(シーン)などありましたらお聞かせください。
葵の本音というか、真髄に迫るようなシーンは描きたいなと思います。
彼女がなぜこういった人間性を持っているかというところも含めて。

葵は物語の性質上、今作の中では1番描くのが難しいキャラクターです。
ミステリアスでこう本心が読めないというか。
そういうところをうまく表現できればなって思っています。
――葵は狂言回しのような役割で、まだ背景が謎に包まれているキャラクターなので、
私も彼女の心が見えるエピソードが描かれるのを楽しみにしています!
――では、少し毛色を変えてプライベートな質問になりますが、
漫画の合間に夢中になっているご趣味はありますか?
休日の過ごし方もぜひ教えてください。
まとまった時間が出来たときは、仕事中にはできないようなことを優先してやっています。
たとえば映画を観たり、ゲームをしたりとか。
最近だと、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』や『ジョーカー』を観ました。
『ジョーカー』は人間の愛憎を深く切り取ったような映画で面白かったですね。
――人間の心に迫るような作品がお好きなんですね。
あとは料理も比較的好きなので、食べたいものがあればそれを作ることも多いです。
思いついたものを何でも作りますね、
トマトソースをトマト缶から煮詰めて作ってパスタにして食べるとか。
――料理がお好きなのはとても良いですね!
ぜひ健康的な食事をとって、元気にご執筆を続けていただきたいです(笑)。
それでは最後に、配信を楽しみにしている読者の皆さんに一言お願いします。
今作の作り手としてこれからも一生懸命描いていきますので、
ファンの皆様それぞれの感想や想いで自由に楽しんでいただけたら嬉しいです。

影追い先生、作品に対するこだわりやお気に入りの部分について
詳しく教えていただきありがとうございました!

ミステリアスな主人公・葵が復讐代行を始めた理由を筆頭に、
今作では徐々に作中の謎が解き明かされていくことでしょう。
どんどん読み進めたくなるストーリーを生み出し続ける影追い先生と今作から目が離せません!

☆作品はこちら↓

00

☆インタビュー内容へのコメントやご感想は下記まで
comic_info@wwwave.jp