NEWS

Interview

霜也先生インタビュー『異世界ジゴロ~転生先で女性向け風俗店はじめました~』

推しのヒロインがきっと見つかる!
『異世界ジゴロ~転生先で女性向け風俗店はじめました~』。
伝説の竿師が様々な“スキル”で癒してあげるのは、
作者の性癖モリモリ!可愛さピカイチ!な異世界の美女たち。
いま明かされる制作秘話や霜也先生の意外なルーツを教えて頂きました。

――今回のインタビュアーは編集担当のTです。
まずはじめに霜也さんのご経歴を教えてください。
はい。実は商業作品でファンタジーを描くのは今回が初めてなんです。
よくWEB広告で作家さん募集っていうの、出ていますよね。
あれを見た友達が、持ち込んでみたらと言ってくれたんです。
高校を卒業してフリーターをしていた頃ですね。
ちょうど初めて描いた二次創作の成人向け同人誌があったので、
それを最初の担当さんと編集長に見ていただき、描いてみましょうとなったのがきっかけです。
正直、漫画でご飯を食べていけるとは思っていませんでした。
本当に趣味の一環だったので。
――なるほど。
ちなみに描き始めたきっかけなどはありましたか?
物心ついた時から絵を描くのが好きではありました。
ただ漫画というより、どちらかというとイラストレーターになりたかったんじゃないかと思うんです。
――昔はどんな絵を描かれていたのですか?
二次創作が中心でしたね。
好きなゲームや漫画のキャラクターを描いたり、最初の頃は模写したりして楽しんでいました。
――影響を受けた作家さんや作品などはあるのでしょうか?
う~ん、それがあまりいないんです。
絵を描こうと思うきっかけになった対象が、実は人間じゃなくて。
あれなんです、星のカービィ (笑)
コロコロコミックで連載されていた、ひかわ博一先生の『星のカービィ~デデデでプププなものがたり~』を見て。
読んでは模写をして、漫画をまるまる描き写して、という感じで。
――すごいですね。小さい頃からガッツリ模写もやられて
本当に小さい時は漫画家になりたいと思っていたのですが、途中でどこか諦めを感じてたんですよね。
あくまで趣味かなと思ったり。
でもやっぱり楽しかったので描くこと自体は続けていました。
――成人向けやセクシーな方向性で描き始めたのは何かきっかけがあったのですか?
学生時代にはまったジャンルがちょっとセクシャルというか、そっち系のジャンルで。
図らずとも意識が行くようになりました。
――なるほど。自然の摂理ですね。
そうですね(笑)
運命みたいな感じでした。
――作品の話もお聞きしたいのですが、今作は主人公である出張ホストの蓮が本当にイキイキしていると思います。
キャラクターを描く際に意識していることはありますか?
あまり意識したことはなかったのですが、クサい台詞を考えるのが好きなんです。
お調子者だけど、いざという時はちゃんとかっこいい、というキャラクターもすごく好きで。
だから彼は今まで描いてきた主人公の中で一番扱いやすい、動かしやすいタイプの子だと思います。
――可愛いヒロインもたくさん出てきますよね。
アイデアはどのように思いつくのでしょう?
これはもう、自分の性癖です (笑)
自分の好きな女の子を本当に好きなように描かせてもらっているので…。
性癖だと思います!
――最終的にはそうですよね(笑) ちなみに特に好きなキャラクターはいますか?
ダリアが一番好きですね。
昔からメインヒロインより、サブヒロインに惹かれるという性癖がありまして(笑)
あの子が一番、自分の性癖が出てると思います。
ロリバージョンと魔性の大人バージョンがあって。
1人で2つ、二度おいしくて。
――エロにもいちばん直球なキャラですよね。
ちなみに今後、描きたい女の子像はありますか?
今のところけっこう強気なお姉さんが多めなので、
どちらかというとオドオドした感じの子は描きたいなと思ったりしますね。
――確かに、見てみたいです!
ところで商業作品でのファンタジー作品は本作が初めてと伺いました。
描いてみて意識した点や楽しかった点などはありましたか?
そうですね、背景なども描いていてすごく楽しいのですが…。
一番はやっぱり衣装ですね。
今回、キャラクターに龍族とか魔族とか色々な種族を作れるじゃないですか。
コスプレ的な要素が入って、現実の物語では描かなかった衣装が描けるので、そこがめちゃめちゃ楽しいです。
やっぱり現実ものだと女子高生なら制服とか、ある程度決まってくるので。
そうすると他の衣装も描きたいなって思ったりしていました。
――霜也先生は普段からおしゃれな衣装を描かれますが、ファンタジーだとより自由度が高まるのですね。
逆に苦労した点はどんなところでしたか?
最初の原案すり合わせの際、主人公のデザインについては少し難儀しましたね。
当初は獣人という設定でしたが紆余曲折のすえ、最終的にクロマル(黒魔導士)になりました。
クロマルって、これでエッチになるのかなと思ってちょっと不安で。
今でもどんな顔をさせれば良いかとか、いくらかっこいい顔をさせてもクロマルだしなって思ってしまう時はあります(笑)
――独特な設定って難しいですよね。
でもその設定を生かしたシーンもあって、見どころのひとつになっているように感じます。
そういえばもうひとつ苦労している部分がありました。
スキル名を考えることです。
四十八手とかめちゃめちゃ読み漁ったりするんですけど、難しい。
センスがなく、なかなか名前が思いつきません。
めっちゃ苦労してます(笑)
――本作品は毎回エロの決めシーンで四十八手の必殺技が入るのですよね。
毎回、技の名前を決めるのが大変ですよね。
はい (笑)
なにか良い案ありませんか?と、ネームの時に見ていただいて…。
いつも助けを求めてしまいます(笑)
――私も編集にあたり、そこが一番時間かかったりします(笑)
でも意外にお洒落だったりすごい技名だったり、よくヒットが生まれますよね。
ちなみに好きな技名とかあったりします?
1話に出てくるのですが、ヒンドゥー教で千手観音を意味する『サハスラブジャー』。
語感が良くて気に入ってます。
「ん?なんかエッチかな?」という雰囲気を醸し出している、絶妙な名前だと思います。
――『サハスラブジャー』、あれは絶妙です(笑)
ちなみに霜也先生の一番お気に入りのシーンはどこでしょうか?
お気に入りのシーン、けっこう多いなあ。
ダリアが初めて蓮の前に現れた場面で、蓮に跨っていたカットが気に入ってます。
跨ってバーン!と、こう…乳もお腹もすべてバーンと出て。
顔のアップも描けましたし。
ダリアが好きだからこそ、そこは一番好きなシーンだと思います。
――4巻ですね。
途中で逆転するものの、最初はダリアが責め続けるサキュバスらしい展開。
蓮が責められるのは斬新で良いですよね。
それまでなかった形ですよね。
好きなパターンなので私もノリノリで描きました。
――ちなみに大変だったシーンやコマはありましたか?
エッチシーンではない日常の場面は、これまでよりも作画コストが高くて。
建物やお城などもしっかり描くなど背景は頑張ったかもしれないです。
――ファンタジーらしい背景をしっかり描かれているので、すごく世界観が出ていますよね。
アシスタントさんの賜物でもあります。
有難いことです。
――ところで霜也先生の描くキャラってすごく優しくて、
先生のお人柄がにじみ出てるのかなと思っています。
作品を創るうえでのポリシーなどはあるのでしょうか?
うーん、できればハッピーエンドで終わらせたいというのはありますね。
悲しい話とかは描いているとちょっと気が滅入っちゃうことも多いので。
読者の方が少しでも明るくなれたり、元気になってくれる作品を描けたら良いなあとは思っています。
――だからキャラクターが優しくなるんですね。
優しかったり元気だったり、バカだったりするんでしょうね(笑)
――男子キャラが本当に女性へ愛がありますし、ずっとそれは感じますね。
今回の題材とよくマッチしたかもしれないですね。
そうですね、描いていて楽しいですし、動かしやすいです。
――最後に読者さんにメッセージをお願いします。
本当に読んでくださってありがとうの一言に尽きます。
自分の性癖モリモリなのですが、
作品の中で皆様の好きな女の子を見つけていただけたら私としても嬉しいです。
性癖の合致する女の子、推しキャラクターを見つけていただいて。
そしてより一層作品を楽しんでもらえたらなあと。
今後もどうぞよろしくお願いします。

ご自身の起源やキャラ作りのヒントなど
ざっくばらんにお話してくださった霜也先生、ありがとうございました!
さぁ今後、主人公が癒してあげるのは果たしてどんな女の子?
蓮の“必殺技”にもご注目くださいね。

☆作品はこちら↓

00

☆インタビュー内容へのコメントやご感想は下記まで
comic_info@wwwave.jp